ペン回し・イラスト・鉄道・艦これなど

緑に染めて

まるゆによる運改修

とりあえず現在の説*を信用して計算してみた。

-------------------------------------------------------
*改一隻あたりの上昇期待値が1.6で、実際に適用される場合は

⌊期待値⌋≦上昇量≦⌈期待値⌉
(⌈期待値⌉の数値を引く確率)=期待値-⌊期待値⌋


欠けた括弧みたいなのは床関数・天井関数。にしても「期待値」がゲシュタルト崩壊してきた。
状態図のてこの規則?
-------------------------------------------------------

計算結果。

まるゆ改修
↑クリックで拡大

上式に従って、順に確率まで出す。パーセント表記がダサいとか思ってはいけない。
式の定義に従えば5隻は常に外れなわけだけど、常識的に考えたら当たりだよ。

そして一隻当たりの上昇量も計算する。この(上昇量/隻数)を便宜的に効率と呼ぼう。
で、各隻数の結果を見ると・・・

1隻:当たりの最高効率2.00。同時に外れの最低効率1.00。確率は中程度
2隻:当たりの最高効率2.00。外れの効率は1隻より高いが、確率的にほぼ外れ。
3隻:全体的に効率×、しかし当たる確率は高く、そのときの効率は他の外れより高い。
4隻:確率も効率も中途半端。外れたときの効率は高めとも言えるか。
5隻:外れを引かないためのセットだから当然の計算結果。

ただ言葉で考察しても仕方ないので、改めて効率の期待値を出すと全て1.60。当たり前か。

結論
60%の確率に勝てる自信がある人は1隻
高効率が魅力だけど外れが怖い人は2隻
80%なんて殆ど100%みたいなもんだろ、と思う人は3隻
あと1隻足りないけどさっさと母港枠空けたい人は4隻
折角用意して外れたらアホらしいと思う人は5隻
でも長い目で見たらやっぱり隻数×1.6しか上がらない
ので他の要素との兼ね合いで改修に使うタイミングを変えても問題ない。

PageTop